ブックセンターササエ古川駅前大通店「これが横綱だ。」【書店員レビュー】

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横綱

『横綱』

著者
武田 葉月 [著]
出版社
講談社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784062934299
発売日
2017/01/13
価格
858円(税込)

書籍情報:openBD

ブックセンターササエ古川駅前大通店「これが横綱だ。」【書店員レビュー】

[レビュアー] ブックセンターササエ古川駅前大通店

横綱。江戸時代中期から平成29年の現在まで。その地位に登りつめた者、僅か72人。
その地位は「相撲界の序列の最上位」という意味を超越し、国技としての歴史・伝統に基づいた神格性をも伴う。神の領域に辿り着いた歴代横綱達が「横綱」という地位について語った一冊。特別な地位に立った者のみが感得する責任、重圧、そして孤独、悲哀…。孤高の人生論がここにある。

相撲道、人生もそうですけど、言葉で表すとしたら、「忍」です。辛抱する、努力する。努力するというより、耐えるしかないと考えていました。人間は死ぬまで自分との戦いであり、勉強だと思うんです。楽しい事なんてそんなにはない。それが人生だと私は思いますね。(第48代横綱大鵬 本文より)

トーハン e-hon
2017年12月26日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

トーハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加