『スティーヴ・マッカリーの「読む時間」』 スティーヴ・マッカリー著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スティーヴ・マッカリーの「読む時間」

『スティーヴ・マッカリーの「読む時間」』

著者
スティーヴ・マッカリー [著]/渡辺滋人 [訳]
出版社
創元社
ISBN
9784422701134
発売日
2017/09/26
価格
3,888円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『スティーヴ・マッカリーの「読む時間」』 スティーヴ・マッカリー著

[レビュアー] 土方正志(出版社「荒蝦夷」代表)

 本を読む。文章を読む。物語に、あるいはその文章がいざなう思考に没頭する。と、現実の世界がふっと遠ざかる、見えなくなる。本の世界に取り込まれる。「夢中になる」とはよくいったものである。そんなとき、私たちはどのように見えているのか。私たちにとっての読む行為の「意味」とはなにか。それがこの写真集のテーマだ。

 図書館で教室で路上で、リゾートで紛争地で、喜怒哀楽もさまざまに読む人たちがいる。世界各地の老若男女のそんな「読む時間」をのびやかに美しく切り撮って、ほほえませ、おどろかせる。そして、ふと思わせもする。この写真集を眺めている私はどんなふうに見えるかな、と。

 著者は写真家集団マグナムのベテランだが、本書はアンドレ・ケルテスの1971年の写真集『読む時間』(創元社)へのオマージュでもある。あわせて、ぜひ。渡辺滋人訳。 創元社 3600円

読売新聞
2018年1月14日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加