児童書 『ゆかいなセリア』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゆかいなセリア

『ゆかいなセリア』

著者
エレーナ・フォルトゥン [著]/西村 英一郎 [訳]/西村 よう子 [訳]
出版社
彩流社
ジャンル
文学/外国文学小説
ISBN
9784779124129
発売日
2018/01/09
価格
2,700円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

児童書 『ゆかいなセリア』

[レビュアー] 渋沢和彦

 ■無垢の素晴らしさ伝わる

 とても90年も前に書かれたとは思えないくらい現代的な作品だ。舞台はスペイン・マドリードなど。主人公のセリアは7歳の少女で、裕福な家庭で両親に弟、運転手や庭番、料理人、家庭教師らと暮らす。

 好奇心旺盛で、何にでも興味を持つセリアは、父親がレプリカの船を買うといえば、大きな船と勘違い。航海に出て、海賊をやっつけたり、人魚の歌を聞いたりと、想像をふくらませる。あるときは飼い猫をマントの中に隠して散歩し逃げられたりと毎日のように騒動を巻き起こす。

 セリアは親に従順ではないが、発せられた言葉は本質を突く。子供の発想のおもしろさや知識を持たない無垢(むく)の素晴らしさを感じることができる。

 著者はスペインの児童書作家で、本書は同国で人気を集めたセリアシリーズの第1作。同シリーズは1928年から子供向け新聞で連載され、長年読み継がれてきた。スペイン語に精通した訳がやさしく丁寧。モダンなイラストもおしゃれで、大人が読んでも楽しめる。(エレーナ・フォルトゥン文、モリーナ・ガジャン絵、西村英一郎、西村よう子訳/彩流社・2500円+税)

 渋沢和彦

産経新聞
2018年1月28日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加