[キノベス!2018 第10位]騙し絵の牙

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

騙し絵の牙

『騙し絵の牙』

著者
塩田 武士 [著]/大泉 洋 [写真]
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784040689043
発売日
2017/08/31
価格
1,728円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

騙し絵の牙

[レビュアー] 依田珠枝(紀伊國屋書店・厚別店)/奥野菜緒子(紀伊國屋書店・グランフロント大阪店)

【依田珠枝・厚別店】
 出版業界に明るい話題がなくなって久しいが、この書籍の中でもやはりこの業界は苦境に立たされている。雑誌の廃刊であったり、リストラであったり・・・まずは業界を救うためにこの書籍から手始めに買ってみてはどうだろうか。もちろん大泉ファンの子猫ちゃんは必読である。

【奥野菜緒子・グランフロント大阪店】
 最初から、速水が小説の中の人物だと思えなかった。天性の人たらしで、愛嬌たっぷりな性格とすばやい機転。私たちのよく知る「彼」が喋り、動いている。お陰で超速で物語に引き込まれて止められず、気づいたら騙されていた。悔しくなるぐらい見事な傑作だ。

キノベス!2018の全ラインアップは公式サイトで!

キノベス!2018

「キノベス!」は過去1年間に出版された新刊を対象に、紀伊國屋書店で働く全スタッフから公募した推薦コメントをもとに選考委員の投票でベスト30を決定し、お客様に全力でおすすめしようという企画です。今年は15名の選考委員が全社から集まった応募コメントを熟読し、ベスト30を決定しました。

紀伊國屋書店
2018年2月13日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

紀伊國屋書店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加