【児童書】『197カ国の基礎知識、雑学も キッズペディア世界の国ぐに』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キッズペディア 世界の国ぐに

『キッズペディア 世界の国ぐに』

著者
小学館 [編集]
出版社
小学館
ジャンル
歴史・地理/地理
ISBN
9784092211223
発売日
2017/11/15
価格
4,212円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【児童書】『197カ国の基礎知識、雑学も キッズペディア世界の国ぐに』

[レビュアー] 本間英士

 1年が13カ月(エチオピア)、ニューヨークと交換された国(南米・スリナム)-。世界197カ国の基礎情報を網羅した図鑑。約1300点の地図やカラー写真が掲載されており、パラパラとページをめくるだけで興味をそそられる。

 本書は面白ネタ・雑学の宝庫だ。例えば、日本が輸入するインゲンはほぼ全て中東・オマーン産だし、タコの3割は北西アフリカ・モーリタニア産だという。これらの国々が輸出する歴史的、地理的経緯や、日本との関わりも紹介。担当編集者は「日々の食材にも海外からの輸入品は多い。海の向こうの国々は、決して日本と無関係ではないことを知ってほしい」と狙いを語る。

 児童向けの図鑑とはいえ、収録内容は充実。現在の国連加盟国に加え、オセアニア・クック諸島やニウエなど、日本政府が独自に国家承認した国々も含めた最新の情報を掲載している。冬季五輪観戦にあわせ、子供へのプレゼントにもってこいだが、意外と大人の方が楽しんでしまうかも…。(小学館編/小学館・3900円+税)

 本間英士

産経新聞
2018年2月11日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加