古地図片手に記者が行く 「鬼平犯科帳」から見える東京21世紀 [著]小松健一

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「鬼平犯科帳」から見える東京21世紀

『「鬼平犯科帳」から見える東京21世紀』

著者
小松健一 [著]
出版社
CCCメディアハウス
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784484172378
発売日
2017/12/13
価格
1,458円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

古地図片手に記者が行く 「鬼平犯科帳」から見える東京21世紀 [著]小松健一

[レビュアー] 週刊新潮

人気番組『ブラタモリ』(NHK)を思わせる歴史散策ガイド本。「清水門外の役宅」から話題の富岡八幡宮まで、古地図と現在の地図を対比させながら歩くことで、「鬼平」の世界のリアルとフィクションを楽しめる。江戸と21世紀の東京が想像力で地続きになった。

新潮社 週刊新潮
2018年2月15日梅見月増大号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加