【写真集】『極夜』中村征夫

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

極夜

『極夜』

著者
中村征夫 [著]
出版社
新潮社
ジャンル
芸術・生活/写真・工芸
ISBN
9784103514312
発売日
2017/12/26
価格
1,728円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【写真集】『極夜』中村征夫

[レビュアー] 産経新聞社

 ■40年前の「原点」蘇る

 気温はマイナス40度。太陽のない暗い世界。

 肉の塊を橇(そり)に乗せて歩く少年。毛皮の服を着て無邪気に外で遊ぶ子供たち。凍りついた海で橇を引く犬たちの力強い姿。アザラシ漁に出かける勇敢な男たち。厳しい自然の中で死と隣り合わせで生きる人々はたくましい。

 写真家、中村征夫(72)の写真集「極夜(きょくや)」に収められた写真だ。

 1977年の真冬のグリーンランド。中村はシオラパルクという村に約1カ月滞在し、村人の生活を撮影した。「極夜」とは南極圏や北極圏で、冬季に太陽が昇らない状態が続く現象のこと。

 中村は「私にとって、この写真は、写真家として活動を始めたごく初期の、ドキュメンタリー写真家としての原点とも言える作品だ」と記している。

 40年前のネガは傷んでいたが、最新のデジタル技術の進歩で蘇(よみがえ)った。極寒の地で撮った白黒写真約50点を収録している。(新潮社・1600円+税)

産経新聞
2018年2月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加