『倭の五王』 河内春人著

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

倭の五王

『倭の五王』

著者
河内 春人 [著]
出版社
中央公論新社
ジャンル
歴史・地理/日本歴史
ISBN
9784121024701
発売日
2018/01/22
価格
929円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『倭の五王』 河内春人著

[レビュアー] 加藤徹(中国文化学者・明治大教授)

国際的視点で正体探る

 日本の古代史はもどかしい。自国の歴史なのに、外国人の記録に頼らざるを得ないからだ。3世紀の邪馬台国は魏に遣使した。当時の倭国(わこく)は無文字社会だったが、邪馬台国は中国の史書『三国志』の中に記録された(いわゆる「魏志倭人伝」)。その後、倭国から中国への使節の派遣は絶えた。150年の空白を経て、5世紀に「倭の五王」こと讃・珍・済・興・武の5代の倭王が、中国に使節を派遣し、中国の史書『宋書』倭国伝に記録された。

 倭の五王はどんな意図をもって中国に使節を送り、その後なぜ中国との交信を中止したのか。著者は、七支刀の銘文や広開土王の碑文、中国の史書をていねいに読み解き、5世紀の東アジアの実態を明らかにする。中国本土の南北朝時代の戦乱や、朝鮮半島での高句麗・百済・新羅の争いは、海を隔てた倭にも影響した。

 倭の五王は誰か。従来の学者の多くは、『古事記』や『日本書紀』、いわゆる「記紀」の記述をもとに、讃は仁徳天皇、武を雄略天皇、などと比定してきた。しかし『宋書』倭国伝の五王の継承関係と「記紀」の天皇の系譜には、食い違いがあり、今も定説はない。

 本書の著者の主張は、コロンブスの卵だ。「倭の五王」を「記紀」の中の天皇に比定するのは、本質的に無理がある。漢字の訓読みが成立するずっと前の時代なのに、「武」をタケルと読み「ワカタケル」(雄略)に比定するのも問題だ。そもそも「記紀」の成立は8世紀の初め。日本が無文字社会だったころの天皇の系譜は、本当に記紀のとおりか。「継体(けいたい)大王」以前の倭王は、「記紀」にあるような世襲王権だったのか。著者は疑う。そして、倭の五王と同じ5世紀に成立した『宋書』倭国伝を重点とすべきで、「記紀」は補助史料にとどめるべきだと提唱する。

 なるほど、とは思う。でも、やはり、日本の古代史はもどかしい。もどかしくなるくらい、魅力的な謎に満ちている。

 ◇こうち・はるひと=1970年生まれ。明治大、立教大などで兼任講師。著書に『東アジア交流史のなかの遣唐使』など。

 中公新書 860円

読売新聞
2018年2月18日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加