『犬から聞いた話をしよう』 椎名誠著

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬から聞いた話をしよう

『犬から聞いた話をしよう』

著者
椎名 誠 [著]
出版社
新潮社
ジャンル
芸術・生活/写真・工芸
ISBN
9784103456254
発売日
2017/12/22
価格
1,944円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『犬から聞いた話をしよう』 椎名誠著

[レビュアー] 服部文祥(登山家・作家)

 旅する作家、椎名誠が旅先で出会った犬たちの写真と文章を収めた一冊。

 ページの多くを占める辺境では、犬は繋(つな)がれず自由に、伴する、寝る、遊ぶ、走る、働く、待つ、黄昏(たそが)れる。旅犬らしいものもいる。

 彼らなりに考え、判断し、自由意志でそこにある。犬には犬の事情があるのだ。

 人生をともにした犬たちも報告される。著者の自伝的小説『犬の系譜』に書かれていたのは、毒を抜いたバージョンらしく、事実に近い報告は戦慄(せんりつ)ものだ。

 地球の全生命種をみても、ヒトとイヌほど特殊な関係で結びついている異種同士はない。別の星の知的生命体が、地球の知的生命体(らしい我々)を観察にきたら、その報告書の一章はこんな写文集になるのかもしれない。

 写真は、マイナス40度のシベリア。日だまりでひなたぼっこする犬。ときどき足を上げて足裏を暖めていたという。

 新潮社 1800円

読売新聞
2018年3月11日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加