『47都道府県の偏差値』久保哲朗著

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

47都道府県の偏差値

『47都道府県の偏差値』

著者
久保 哲朗 [著]
出版社
小学館
ジャンル
社会科学/経済・財政・統計
ISBN
9784098253173
発売日
2018/01/31
価格
842円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『47都道府県の偏差値』久保哲朗著

[レビュアー] 産経新聞社

 最もすしを食べるのは内陸の栃木県民、アイスを一番消費するのは雪国の石川県民…。約1200種類の統計をもとに47都道府県民の「偏差値」を算出し、県民性を解析した新書だ。

 本書の面白さは、やはり意外な県が上位に食い込むギャップだ。その一方で、「年間猛暑日数」の1位に京都府が輝くなど、京都特有の暑さを統計面で裏付ける数字も。「ラブホテル軒数」など、普段目にしないデータも興味深い。

 総務省など出どころがしっかりした統計に基づく分、本書の「偏差値」はある意味残酷な面もあるが、県民ネタはやはり鉄板の面白さだ。(小学館新書・780円+税)

産経新聞
2018年4月1日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加