楽な読書 [著]古屋美登里

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽な読書 [著]古屋美登里

[レビュアー] 週刊新潮

翻訳家である著者の書評コラム集。たとえばチャンドラー『ロング・グッドバイ』の魅力は、「マーロウの目を通して見たこの世界の成り立ち方」と明快だ。また浦沢直樹『20世紀少年』では音楽の役割に注目する。倉橋由美子を取り上げた連続コラムも読み応え十分。

新潮社 週刊新潮
2018年4月19日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加