『戦前の怪談』田中貢太郎著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戦前の怪談

『戦前の怪談』

著者
田中 貢太郎 [著]
出版社
河出書房新社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784309026589
発売日
2018/03/22
価格
1,944円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『戦前の怪談』田中貢太郎著

[レビュアー] 産経新聞社

 高知県出身の伝記作家、怪談文芸の大家である著者(1880~1941年)が実話などをもとに著した全24編の怪談アンソロジー。

 「蟇(がま)の血」は、女と同棲(どうせい)中で高等文官試験を控えた青年が自宅への帰途、行き会った若い女に誘われ、女の「妹」の家へとあがる。迷路のような屋敷で、自宅に帰ろうと何度も試みるが…。「いくら逃げようとしたって、今度は放しませんよ」。出口のない迷路の恐怖がじわじわと迫ってくる。

 表題通り、本作を読み進めていくと、“戦前”への時間旅行に誘われる。古書店で良書に巡り合った感覚を抱いた。(河出書房新社・1800円+税)

産経新聞
2018年4月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加