【写真集】『プロパガンダ』北井一夫著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロパガンダ―PROPAGANDA

『プロパガンダ―PROPAGANDA』

著者
北井一夫 [著]
出版社
ワイズ出版
ISBN
9784898303122
発売日
2018/01/09
価格
2,700円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【写真集】『プロパガンダ』北井一夫著

[レビュアー] 藤井克郎

■50年前の未発表作品集大成

 モノクロームの粗い粒子の隙間から、およそ50年前の男たちの息づかいが漂ってくる。著者は第1回木村伊兵衛賞を受賞した写真家で、「抵抗」「三里塚」といった作品集で、社会にあらがう人々の姿をとらえてきた。今回の写真集は、彼が昭和40年から49年までに撮影した未発表の作品から自選したもので、川口鋳物衆、神戸港沖仲仕(おきなかし)、深川木場川並といった働く男たちに迫っている。

 ページの合間には本人へのインタビューも挟み込まれており、フランス映画っぽいスタイリッシュな作風から、徐々に被写体に肉薄していくようになる意識の変革がつづられる。発行元のワイズ出版によると、これから写真家としてどういう姿勢で生きていくのか、スタイルを確立させるまでの葛藤の時期に撮られた写真で、その成長の過程が垣間見えるという。

 「海外からも出版の依頼が来るほど過去の作品が高く評価されているが、本人は今の写真で勝負したいという意識が強い。昔の写真集はこれを最後にしたいと、集大成のつもりで出したようです」と同社では話している。1月の東京に続いて、新潟市で今月28日まで出版記念の写真展が開かれている。(ワイズ出版・2500円+税)

 藤井克郎

産経新聞
2018年5月5日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加