『文豪の凄い語彙力』山口謠司著

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文豪の凄い語彙力

『文豪の凄い語彙力』

著者
山口謠司 [著]
出版社
さくら舎
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784865811438
発売日
2018/04/05
価格
1,620円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『文豪の凄い語彙力』山口謠司著

[レビュアー] 産経新聞社

 「的●(てきれき)たる花」(芥川龍之介『或日の大石内蔵之助』)はどんな花か、「小絶(おだ)えている雨」(円地文子『妖』)の状態とは-。

 語彙力、日本語に関する著書でおなじみの著者が、近現代の文豪ら60人以上の著作から「今日から使ってみたい」「あの名作がまた読みたくなる」「人生を彩る」奥深い言葉の数々を解説。大人の教養と表現力がアップしそうだ。

 なお、的●は「白く鮮明なさま」、小絶えているは「ほんのわずかの間止(や)んでいる」の意味。他に、「玩弄(がんろう)」(田山花袋)、「解纜(かいらん)」(檀一雄)、「爪牙(そうが)」(司馬遼太郎)なども…ぜひお試しを。(さくら舎・1500円+税)

●=白の右に楽の旧字

産経新聞
2018年5月6日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加