本屋という「物語」を終わらせるわけにはいかない [著]松本大介

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本屋という「物語」を終わらせるわけにはいかない

『本屋という「物語」を終わらせるわけにはいかない』

著者
松本 大介 [著]
出版社
筑摩書房
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784480864574
発売日
2018/03/23
価格
1,620円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

本屋という「物語」を終わらせるわけにはいかない [著]松本大介

[レビュアー] 週刊新潮

盛岡の「さわや書店」は伝説の本屋だ。“魔法のPOP”と呼ばれる手書きの推薦文で、文庫本の外山滋比古『思考の整理学』などを売りまくったことで知られている。現役社員である著者が内側から見た「さわや」と本へのこだわりを熱く、しかも淡々と語っていく。

新潮社 週刊新潮
2018年5月17日菖蒲月増大号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加