『法学の誕生』 内田貴著

レビュー

11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法学の誕生

『法学の誕生』

著者
内田 貴 [著]
出版社
筑摩書房
ジャンル
社会科学/法律
ISBN
9784480867261
発売日
2018/03/27
価格
3,132円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『法学の誕生』 内田貴著

[レビュアー] 苅部直(政治学者・東京大教授)

西洋の法体系を受容

 君たちはこれから「法語」を学ぶことになる。二十年ほど前に、ある法制史の大家が法学部で学ぼうとする学生に対して述べた言葉である。「法語」は中国語ではフランス語を意味するが、もちろんそうではない。法の世界には独特の論理や解釈の方法があり、それを使いこなせるようになる過程は、日常語と異なる言語を身につけるのに等しい。

 これは、一般に判例や法学の言葉が難しいと言われる大きな原因でもある。しかし、明治時代の日本の知識人が直面した断層は、それよりもさらに深い。西洋流の主権国家を打ち立てるには、近代西洋の法体系を幅ひろく受容することが不可欠である。それは西洋諸国の法律を日本語に直してそのまま用いるというやり方ではなしえない。法の背景をなす思想や慣習や歴史を深く理解し、他面で日本人みずからの伝統を解釈し直しながら、新たな法と法学を生み出す必要がある。

 その努力を担った日本最初の法学者と呼ぶべき人物が、穂積陳重(のぶしげ)であった。穂積は独特の社会進化論を基盤にして、敵討ちや祖先崇拝といった日本の古い慣習も、西洋とも通じる人類一般の進化の過程の一段階に位置づけられると説いた。

 したがって民法の制定に携わったさいの姿勢もまた、西洋の法学の枠組によって日本の古来の家族制度を説明し、それを法典に組み入れるものであった。こうした特殊と普遍のくみあわせは、保守的な憲法学者として知られる弟、穂積八束(やつか)とも共通すると著者は指摘する。

 だが近代的な法律が完成したあと、法学はその条文を緻密(ちみつ)に解釈する作業に集中し、穂積兄弟がもっていた広い視野を失ったのではないか。民法改正の実務にも携わった著者ならではの、日本の法学全般にむけた自己反省の問いが、本書の叙述を支えている。同時に法学になじみのない読者にも、西洋と日本、それぞれの法のあり方について、明確な展望を与えてくれる快著である。

 ◇うちだ・たかし=1954年、大阪生まれ。東京大名誉教授(民法学)。著書に『民法改正』など。

 筑摩書房 2900円

読売新聞
2018年5月6日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加