【安全衛生・お薦めの一冊】『フルハーネス型安全帯―安全帯使用者のための解説Q&A―』

レビュー

6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フルハーネス型安全帯

『フルハーネス型安全帯』

著者
みなとみらい労働法務事務所 所長 菊一 功 [著]
出版社
労働新聞社
ジャンル
社会科学/社会
ISBN
9784897615189
発売日
2014/07/29
価格
1,404円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【安全衛生・お薦めの一冊】『フルハーネス型安全帯―安全帯使用者のための解説Q&A―』

[レビュアー] 労働新聞社

特性を知り安全作業

 12次防よりハーネス型安全帯の使用促進が明記された。今後、ハーネス型安全帯の普及が進むと思われるが、その機能や特性を理解しないことには、適切な指導ができないのはいうまでもない。本書は、ハーネス型安全帯について基礎知識、使用上の問題点、欧米との比較などを解説した。

 分かりやすいようQ&A方式で説明しており、例えば「最近、労働基準監督署がハーネスの使用を指導するようになったが、ハーネスを使用しないと違反となるのか」という問いに対し「ハーネスを使用せず、胴ベルト型安全帯を使用しても違反ではない」と明確に解答、続いて詳細な解説が示されている。全ページ、オールカラーなので写真、図表が見やすいのも特徴だ。

 ハーネス型だけではなく、胴ベルト型の安全管理・点検方法も紹介しており幅広く安全帯の知識を身に付けることができる。

安全スタッフ
平成26年9月1日第2217号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

労働新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加