『神話のなかのヒメたち もうひとつの古事記』産経新聞取材班

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神話のなかのヒメたち

『神話のなかのヒメたち』

著者
産経新聞取材班 [著]
出版社
産経新聞出版
ISBN
9784819113366
発売日
2018/04/20
価格
1,512円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『神話のなかのヒメたち もうひとつの古事記』産経新聞取材班

[レビュアー] 産経新聞社

■現代に通じる女性の「強さ」

 皇后さまが幼少期の読書の思い出として、平成10年の国際児童図書評議会で触れられ、話題になったヒメの話がある。

 ヤマトタケルが東国の反乱者たちの討伐(東征)に向かう途中、走水の海で暴風雨に遭遇し、行く手を阻まれた。走水の海は現在の東京湾浦賀水道の海峡。もともと潮の干満による海流が、太平洋と湾内を行き来する難所だった。

 このとき、ヤマトタケルを海にのみ込もうとする渡(わたり)の神を鎮めるため、身代わりを申し出たのは后(きさき)のオトタチバナヒメである。「父である天皇から命じられた使命を果たし、無事に報告なさいませ」と言い残し荒海に消えた。

 ヒメが海中に入ると、海は鎮まった。ヒメの安否を気遣い、ヤマトタケルは7日間上陸地に留(とど)まった。流れ着いたヒメのくしを取り上げ、御陵を造って納めた。ヤマトタケルの「東征」は、オトタチバナヒメの献身で成功したことを古事記は示唆している。

 本書は、神話や古代史のヒメに焦点を当て、その現場を取材。登場するヒメの中に、現代にも通じる女性の「強さ」を確認できて面白い。そして、ヒメたちが存在しなければ、日本の歴史も存在しないことがわかる。(産経新聞出版・1400円+税)

産経新聞
2018年5月26日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加