『みんな、ワンダー』R・J・パラシオ作・絵、中井はるの訳

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんな、ワンダー

『みんな、ワンダー』

著者
R・J・パラシオ [著、イラスト]/中井はるの [訳]
出版社
アルファポリス
ジャンル
文学/外国文学、その他
ISBN
9784434245343
発売日
2018/04/23
価格
1,296円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『みんな、ワンダー』R・J・パラシオ作・絵、中井はるの訳

[レビュアー] 篠原知存(産経新聞 文化部編集委員)

 〈ぼくはふつうの子どもじゃない。それはわかってる〉〈もちろんふつうのことはするよ。自転車にも乗るし、アイスクリームも食べる。ボール遊びだってする〉〈でもぼくはふつうの子に見えない。ほかの子と、見た目がちがう〉

 顔に重度の障害を持っている男の子、オーガスト(オギー)を主人公にしたベストセラー『ワンダー』が絵本になった。

 オリジナルの小説は、オギーや周囲の人々の苦しみや悲しみ、あきらめや葛藤など、心の深い部分まで描き出す文章が共感を集めた。絵本版は、多様性と視点の持ち方に焦点を絞り、エッセンスをシンプルな物語に収めている。

 笑われたり悪口を言われたりして苦しくなった「ぼく」はヘルメットをかぶって宇宙へ飛び出し、はるか遠くから地球を眺める。うっかり落としたボールを拾ってくれたのは…。

 〈見た目を変えることなんてできない。だけど、だけどもしかしたら、ほんとにもしかしたら…。人は見かたを変えることができる〉(アルファポリス・1200円+税)

 篠原知存

産経新聞
2018年5月27日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加