『異常探偵 宇宙船』 前田司郎著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異常探偵 宇宙船

『異常探偵 宇宙船』

著者
前田 司郎 [著]
出版社
中央公論新社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784120050503
発売日
2018/02/22
価格
1,944円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『異常探偵 宇宙船』 前田司郎著

[レビュアー] 岸本佐知子(翻訳家)

 探偵小説……なんだろうか? 表の顔は頭巾をかぶったパート主婦、しかしてその実体は異常な事件を専門に扱う探偵「宇宙船」。ある殺人事件をめぐって繰り広げられる宇宙船と怪人「空気ゴキブリ」の対決を、『怪人二十面相』ばりの文体で描く。のだけれど、出てくる人物がことごとく社会の主流からはみ出たような人々だ。後ろ暗い趣味を抱えた被害者、蜘蛛(くも)男みたいな犯人、鳩(はと)が主食の野生児、ものすごい美貌(びぼう)なのに頭の中身が小学生な探偵助手……。けれども町に蠢(うごめ)くこれら“隅っこの人々”に作者が注ぐまなざしは優しく、話は猟奇的なのに、手渡される感触は奇妙に温かい。そしてなにより助手の「米平(こめひら)少年」のトンチキぶりが最高に笑える。

 じつは宇宙船には幼い娘を失った悲しい過去がある。だが娘が実は生きていて、宇宙人に捕らえられていると脳内の「声」に教えられた彼女は、娘を奪還するために頭巾をかぶって探偵になったのだ。はたして宇宙船に救いは訪れるのか、それとも彼女は狂っているだけなのか。最後に不意打ちのように訪れる美しい結末に、たまらず泣いた。

 中央公論新社 1800円

読売新聞
2018年5月27日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加