【児童書】『ぼくが見たお父さんのはじめてのなみだ』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼくが見たお父さんのはじめてのなみだ

『ぼくが見たお父さんのはじめてのなみだ』

著者
そうまこうへい [作]/石川えりこ [絵]
出版社
佼成出版社
ISBN
9784333027774
発売日
2018/04/19
価格
1,296円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【児童書】『ぼくが見たお父さんのはじめてのなみだ』

[レビュアー] 産経新聞社

 小学2年のゆうきはお父さんが大好き。〈よくあそんでくれるし、おもしろいことをいっぱいしたり、言ったり…〉。ぼくに苦手なことがあれば、とっくんまでして教えてくれる。そんなお父さんの口ぐせは「男だろ、なくな!」。

 ある日、ゆうきはふと思った。〈お父さんのなみだを今まで一度も見たことがない〉。「お父さんはなんでなかないの?」と聞くゆうきに、お父さんは子供時代のことや、ゆうきは写真でしか知らないおじいさんの思い出を明かす。

 受け継いでいきたい父子の絆を思い出させる一冊。(そうまこうへい作、石川えりこ絵/佼成出版社・1200円+税)

産経新聞
2018年6月10日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加