『素子の碁 サルスベリがとまらない』新井素子著

レビュー

6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

素子の碁

『素子の碁』

著者
新井 素子 [著]
出版社
中央公論新社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784120050633
発売日
2018/03/22
価格
1,836円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『素子の碁 サルスベリがとまらない』新井素子著

[レビュアー] 産経新聞社

 囲碁歴15年、現在の実力を二級と謙遜する著者が平成18年から2年間、囲碁の専門週刊誌に連載した作品をまとめた。

 漫画「ヒカルの碁」をきっかけに、40歳を過ぎてから夫と始めた趣味。仲間ができて少しずつ強くなっていく過程や、プロ棋士を目の前にして興奮するさまなど、筆致は喜びにあふれている。

 一方で、タイトルにもなっている特殊な用語の数々に、入門当初は混乱したことを率直に記す。そんなドタバタさえSF&エッセーの名手が愉快な読み物に昇華させた。強くない立場での視点を貫き、未経験者を伝統文化へいざなう。(中央公論新社・1700円+税)

産経新聞
2018年6月10日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加