【気になる!】新書 『カラー版 ふしぎな県境 歩ける、またげる、愉しめる』

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふしぎな県境

『ふしぎな県境』

著者
西村 まさゆき [著]
出版社
中央公論新社
ジャンル
歴史・地理/地理
ISBN
9784121024879
発売日
2018/05/21
価格
1,080円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【気になる!】新書 『カラー版 ふしぎな県境 歩ける、またげる、愉しめる』

[レビュアー] 産経新聞社

 著者も、当然その一人である県境・境界マニアにとって、県の境界線は〈地理や歴史をも含めた、立体的な魅力を持った「境目」〉とか。本書は全国のおもしろ県境13カ所をルポし、その魅力を伝えている。

 三県の端が交わる「三県境」48カ所のうち唯一気軽に行ける埼玉・栃木・群馬の「柳生の三県境」▽東京都を東西に一秒で横断できる場所▽店舗内に京都と奈良の県境ラインがあるショッピングモール-など。

 県境で色分けされた写真もわかりやすく、県境を身近に感じ、またいで記念写真を撮りたくなるかも。(西村まさゆき著、中公新書・1000円+税)

産経新聞
2018年6月10日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加