『竹内政明の「編集手帳」傑作選』 竹内政明著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

竹内政明の「編集手帳」傑作選

『竹内政明の「編集手帳」傑作選』

著者
竹内 政明 [著]
出版社
中央公論新社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784121506207
発売日
2018/05/09
価格
994円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『竹内政明の「編集手帳」傑作選』 竹内政明著

[レビュアー] 宮下志朗(仏文学者・放送大特任教授)

 竹内政明氏が執筆した朝刊コラム「編集手帳」シリーズの最終巻。ご本人は『ヘタクソメ』という題にしたかったが、却下されたとのこと。『ふんどし博物館』という原案がしりぞけられて、引用・文章の秘術を披露したロングセラー『名文どろぼう』になったことを思い出す。

 文章家は華麗なる「どろぼう」、わがモンテーニュも「ミツバチはあちこちの花をあさって蜜を作るけど、すべて彼のもの」(『エセー』)と述べている。書庫で本をあさる著者の写真が収められているが、そのまなざしは鋭い。

 そこから生まれるのが、「負けた人」「日の当たらない人」に優しい名文の数々。「日の差す方角ばかり探している人に、虹は見えないのです」(倉嶋厚)や、藤圭子の死に際しての「星一つ命燃えつゝ流れけり」(高浜虚子)といった名句が、大抵は添えられる。

 「生命は/その中に欠如を抱き/それを他者から満たしてもらうのだ」(吉野弘)をもじるなら、読者は「編集手帳」で、おのれの欠如を満たしてもらったのです。「炭(たん)ガラ」とはめっそうもない、いつまでも心が暖まります。(中公新書ラクレ、920円)

読売新聞
2018年6月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加