<東北の本棚>山の魅力生き生き描く

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ばりこの「秋田の山」無茶修行

『ばりこの「秋田の山」無茶修行』

著者
鶴岡由紀子 [著]
出版社
無明舎出版
ISBN
9784895446440
発売日
2018/03/29
価格
1,836円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

<東北の本棚>山の魅力生き生き描く

[レビュアー] 河北新報

 横手市の納豆メーカーの社員として、現在、仙台市内の営業所に勤務する著者=太白区在住=が、秋田県内に所在する山々を登り、つづった山行記。
 鳥海山のような誰もが知る名峰から、標高300メートル弱のハイキングコースまで、31座を紹介する。
 著者の好奇心をくすぐる山は、有名無名を問わない。初めての山、誰もいない山、珍しい名前の山-など、選択基準はユニークだ。
 独自の価値判断に従い目標と定めると、まるで近所へ散歩に出掛けるような気軽さで、やぶの中へと単身踏み入っていく。探究心と冒険心、行動力には感心させられる。
 「日常のボーダーを振り切る開放感」を経験した大石岳の沢登り。風鞍(くら)の登山では、地形図に登山道の情報を書き写すことを忘れ、山岳遭難の危機を味わった。山の楽しさ、怖さが生き生きと描かれ、ハラハラドキドキさせられる。
 山の良き先輩である社会人山岳会「矢留山岳会」(秋田市)のメンバーとのやりとりも楽しい。山に魅了された人々の興味の対象が、どのあたりにあるかがよく分かる。
 ばりこは著者のハンドルネーム(インターネット上のあだ名)。「登れば登るほど地元の山は広く深く興味が尽きない」とあとがきで記す。
 無明舎出版018(832)5680=1836円。

河北新報
2018年7月1日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

河北新報社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加