『超歌手』 大森靖子著

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超歌手

『超歌手』

著者
大森靖子 [著]
出版社
毎日新聞出版
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784620325217
発売日
2018/06/07
価格
1,620円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『超歌手』 大森靖子著

[レビュアー] 朝井リョウ(作家)

 自らの職業を超歌手と名乗る著者の文章は(普段は歌詞という文字数の限られた表現に親しんでいるからか)無駄がなく、刃のように鋭い。だがその刃は私たち読者を傷つけるものではなく、本当に大切なもの以外を有無を言わせず削(そ)ぎ落してくれるような潔さで成り立っている。「自分の常識では推し量れない感情が相手にはあるのだということを理解した上で、それを想像する力を身につけることが、本当の意味での豊かなコミュニケーションを生むと思っている」「自立するということは自分で立つということで、ぜんぶ自分でやるという意味ではない。自分が立っていられる環境を整えることだ」――正しく、ではなく、美しく生きる、という思想が徹底的に貫かれた著者の言葉は、時に暴力的にも感じられる高潔さこそが誠の優しさに繋(つな)がることを再確認させてくれる。

 最小の文字数で最大の熱を放つような文章は、本に親しみのない世代にも届きやすいだろう。これまで正しいとされてきたことではなく自分が美しいと思うものを選び取る自分が出現する予感に、胸が高鳴る一冊だ。

 毎日新聞出版 1500円

読売新聞
2018年7月1日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加