『江戸琳派』 宮崎もも著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸琳派 : 花鳥風月をめでる

『江戸琳派 : 花鳥風月をめでる』

著者
Luong, Eric [著]/宮崎 もも [著]
出版社
パイインターナショナル
ISBN
9784756248725
価格
3,132円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『江戸琳派』 宮崎もも著

 大和絵の伝統を受け継ぎ、四季折々の自然を豊かな色彩と絶妙な構成で描いた江戸琳派。酒井抱一(ほういつ)を始めとする、その系譜を一覧できる美しい本。

 抱一が、優れた装飾性をもって花鳥風月を理想的な美とするスタイルを確立したのに対し、高弟の鈴木其一(きいつ)は、より精密で大胆な表現で、明快で写実的な画風を目指した。

 其一の「蔬菜(そさい)群虫図」(部分、出光美術館所蔵)=写真=は、実ったキュウリにトンボやアブが群がる様子を描く。大きな葉に小さく咲いた花がアクセントを添え、四方に伸びるつるの先端の巻き具合が、どこか人工的な装飾模様を思わせる。描写の細やかさと独自の造形感覚が、何げない菜園風景を切り取り、不思議な浮遊感を生み出す。

 ほかに多くの後継者の代表作を収め、巻末には紹介作品を所蔵する美術館リストも。充実した入門書だ。(良)

 パイ インターナショナル、2900円

読売新聞
2018年7月15日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加