『プレモダン建築巡礼』 磯達雄・文/宮沢洋・イラスト/日経アーキテクチュア編

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プレモダン建築巡礼

『プレモダン建築巡礼』

著者
磯達 雄 [著]/宮沢 洋 [イラスト]/日経アーキテクチュア [編集]
出版社
日経BP
ジャンル
工学工業/建築
ISBN
9784822256524
発売日
2018/04/20
価格
2,592円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『プレモダン建築巡礼』 磯達雄・文/宮沢洋・イラスト/日経アーキテクチュア編

[レビュアー] 森健(ジャーナリスト)

 円形の回廊に3階の塔が付随する建築の山形市の旧済生館本館=写真=。放射状に5つの獄舎が伸びる網走監獄。南北2カ所にドームが設置された東京駅丸の内駅舎。明治・大正の建築を見ていると、円や弧が美しく活(い)かされていることに気づく。

 本書は明治・大正・昭和(戦前)の名建築を50紹介。美しい写真と精緻(せいち)で楽しいイラストも魅力的で、読んでいると、近代日本の建築を旅している気分になる。

 明治のJ・コンドルや辰野金吾、片山東熊から戦後も活躍した前川國男などの建築を追うと「見よう見まね」の擬洋風建築から巧(たく)みに和洋折衷で独自の美を築いた過程が浮かんでくる。

 一橋大学兼松講堂や築地本願寺にある動物の装飾、万平ホテルの耐震構造など建築家の細かいこだわりも丁寧に解説されており、建築家の思想が垣間見えるのもいい。

 日経BP社 2400円

読売新聞
2018年7月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加