宮内悠介 科学する五冊――『素数の音楽』『四色問題』ほか

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 素数の音楽
  • 暗号解読
  • ビューティフル・マインド
  • 100年の難問はなぜ解けたのか : 天才数学者の光と影
  • 四色問題

書籍情報:版元ドットコム

科学する五冊

[レビュアー] 宮内悠介(作家)

わたしの選んだ「新潮文庫」5冊

 科学ノンフィクションに“物語”を感じる人は多いはずだ。科学は歴然とそこにあり、人間の都合など慮ってはくれない。だからこそ、それをめぐる人々の発見や失意や妄執や成功が、切実な形で立ち上がってくる。人類が確かに知を継承していくなか、この世のなりたちが解き明かされていくさまは、一大叙事詩のようでもある。

 さらにいうならば、科学とは共有されうるものだ。だから科学ノンフィクションとは私たちに残された、そして今後もそうである“大きな物語”にほかならない。

 なかでも好きなのは、「どうせ読者にはわからぬだろう」といったごまかしを避け、それでいてちゃんと読むことができ、シンプルな知的興奮があるものだ。そうすると、第一に推したいのは『素数の音楽』(マーカス・デュ・ソートイ著、冨永星訳)だろうか。テーマは、いまだ超難問として数学者たちを阻むリーマン予想。抑えられた筆致からは、ポエジーさえ匂い立ってくる。

 ほかには『暗号解読』(サイモン・シン著、青木薫訳)、『ビューティフル・マインド』(シルヴィア・ナサー著、塩川優訳)、『100年の難問はなぜ解けたのか』(春日真人)などを挙げておきたい。最後に、番外編として『四色問題』(ロビン・ウィルソン著、茂木健一郎訳)を。有名な問題なのだけど、ごまかしがなさすぎて、幾度となく理解しようとする心を折られる。我こそはというかたは、ぜひチャレンジしてみてもらいたい。

●『素数の音楽』マーカス・デュ・ソートイ[著]
●『暗号解読 上巻』サイモン・シン[著]
●『ビューティフル・マインド』シルヴィア・ナサー[著]
●『100年の難問はなぜ解けたのか : 天才数学者の光と影』春日真人[著]
●『四色問題』ロビン・ウィルソン[著]

新潮社 波
2018年8月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加