移住歴20年以上の著者が教える「田舎暮らし」の真実

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰も教えてくれない田舎暮らしの教科書

『誰も教えてくれない田舎暮らしの教科書』

著者
清泉 亮 [著]
出版社
東洋経済新報社
ジャンル
社会科学/社会
ISBN
9784492223826
発売日
2018/07/06
価格
1,512円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

決してユートピアではない リアルな田舎暮らし

[レビュアー] 碓井広義(上智大学文学部新聞学科教授)

 地方のビジネスホテルのロビーには、観光やグルメ情報のチラシを置いたコーナーがある。最近目につくようになったのが、地元自治体が発行する「移住案内」だ。美しい自然、四季折々の行事、暮らしやすい環境。市や町が行っている移住支援策も紹介されている。定年という節目を迎える世代に、「いいなあ、田舎暮らし」と思わせるには十分だ。

 しかし、そう簡単に移住を決めていいのか。行った先は本当に“人生の楽園”なのか。地方移住歴20年以上の著者が、リアルな田舎暮らしを教えてくれるのが本書だ。すでに移住という選択をした人、迷っている人、そして興味のある人にも有効な一冊となっている。

 まず、都会人が陥りやすい過ちが指摘される。頭の中で自分に都合のいい“理想の田舎”を思い描いてしまうことだ。著者はこれを「無意識の楽観主義」と呼ぶ。何とかなるさ=どうにもならない。最悪の状況、想定外を想定しておく必要がある。

 よく「のんびり、ゆったりの田舎暮らし」と言われるが、実際は逆だったりするのだ。田舎は想像以上に強い共同体であり、団体主義、全体主義が徹底している。そこではのんびりとはほど遠い、「新住民」としての修業が待っている。またゆったりどころか、都会に住むより経済的負担が大きい場合がある。特に過疎地域では税金が高く、健康保険料は「地獄の出費」だ。加えて「人情の厚さ」や「人間の温かさ」も決してタダではないと知るべきだろう。

 さらに移住先の地域性と特性をしっかり把握せよと著者は言う。厳冬期に訪問してみること。1時間圏内における大学病院の有無の確認。お寺の住職と駐在さんへのヒアリングも忘れずに。その上で著者が勧めるのがストレスの少ない「別荘地移住」であり、「賃貸移住」である。

 読了後、「それでも移住したいか」と自問し、イエスなら動き出せばいい。ただし本書を携えながらだ。

新潮社 週刊新潮
2018年8月9日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加