あの王妃は、ヨーロッパ最強のギャル! 吉川トリコ×中島万紀子・対談

対談・鼎談

24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マリー・アントワネットの日記 Rose

『マリー・アントワネットの日記 Rose』

著者
吉川 トリコ [著]
出版社
新潮社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784101801308
発売日
2018/07/28
価格
594円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

マリー・アントワネットの日記 Bleu

『マリー・アントワネットの日記 Bleu』

著者
吉川 トリコ [著]
出版社
新潮社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784101801315
発売日
2018/07/28
価格
637円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【新潮文庫nex『マリー・アントワネットの日記』(Rose/Bleu)刊行記念対談】吉川トリコ×中島万紀子/あの王妃は、ヨーロッパ最強のギャル!

吉川トリコさんと中島万紀子さん
吉川トリコさんと中島万紀子さん

母娘問題、女性蔑視への抵抗、〈推し〉への尽きせぬ愛。フランス王妃の日記は、「ほんとそれな!」の連続だった――。作家と早慶の仏語講師が、キュートで破天荒な魅力を語り尽くす!

 ***

王妃も母娘問題に悩んでいた

中島 『マリー・アントワネットの日記』を読ませていただいて、今日は徹夜で語り合いたいと思って来たんですけれども。まず伺いたいんですが、なぜマリー・アントワネットをギャル語・ネットスラング満載の文体で書こうと思われたんですか?

吉川 デビューした頃から、ギャル語で小説を書きたいとずっと思っていたんです。でもなかなか企画が通らなくて。普通のギャルがギャル語で喋ってる小説って、たしかにあんまり面白くなさそうですよね。

中島 ケータイ小説みたいな?

吉川 そうそう。ソフィア・コッポラの映画(「マリー・アントワネット」)が二〇〇六年公開で、アントワネットを等身大の女の子として描いていました。あれを観て、あっ、マリー・アントワネットをギャル語で書けばいいんだ!って。

中島 ソフィア・コッポラの「マリー・アントワネット」、今日観てから来ました。かわいいんですよ。十年前に観てたらぞっこんだったと思うんですけど、この本読んじゃったあとですから、薄っぺらかったですね。

吉川 そんな……(笑)。ソフィア・コッポラがインタビューで「マリー・アントワネットは母親からの抑圧を受けていた」と語っていたことも、アントワネットに興味が湧いたきっかけでした。

中島 そう! 母娘関係というのはトリコさんの作品の大きなテーマのひとつだと思うんですけれども。

吉川 そうなんです。マリア・テレジア(アントワネットの母)って圧が鬼じゃないですか。

中島 圧が鬼(笑)。ヨーロッパ全土に鬼のような圧力をかけてますからね。

吉川 たしかに! そしてヨーロッパ全土にかけるのと同じだけの圧を娘にもかけてる。それでいうと、うちの母もすごく圧が強いんですよ。

中島 お母さーん、今日お見えですかー?

吉川 来てないです(笑)。

中島 でもこれまでの作品をお母さんは読んでる?

吉川 読んでます。小説で母娘問題を書き続けているのは、母に向かって訴えているようなところがあるんですね。分かってほしくて。でも、都合のいい部分だけを「これって私のことだよね♪」とか言って喜んでいて、こちらが伝えたいことについては何も届いていないんです。

名古屋の女性は生きづらい?

中島 偏見だったら申し訳ないんですけど、トリコさんがずっと暮らしている名古屋という土地も「女性はこうあるべき」というような圧が強い場所かなという気もするのですが。

吉川 私は26歳で作家デビューして「ちょっと変わった人」という枠に入ったので、そういうものから逃れられたんですが、妹や周りの友だちを見ていると「結婚しない女は人に非ず」「子を産まぬ女は人に非ず」みたいな圧力を受けてますよね。

中島 ぎゃーーー!!

吉川 名古屋の女の子が自由に生きている話を、と思って書いた作品(『ぶらりぶらこの恋』)を東京の友だちが読んでくれて「この子けっこう縛られてるね」と言われたことがあって、ハッとしました。自分も「名古屋的価値観」が無意識に内面化されてるんだ、と。

中島 ジェンダーに関することは「刷り込み」のように内面化されているものが本当に多い。ジェンダーギャップ指数114位(144ヶ国中)の国で生まれ育つとどうしてもそうなってしまうわけです。

吉川 ほんと、先進国とは思えない順位……。

中島 『マリー・アントワネットの日記』は、フェミニズム的な意味でも正しいんです。「でも、あのマリー・アントワネットでしょ?」って思われるかもしれませんが、彼女が痛快に斬ってくれるんですね。当たり前のようにはびこる女性蔑視や性の不平等を。それは私たちが今も変わらず抱えている問題でもある。読んでいて「あいつに渡したい!」って思う女友だちが何人も思い浮かびましたよ。

新潮社 波
2018年9月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加