戦後ゼロ年 東京ブラックホール [著]貴志謙介

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戦後ゼロ年 東京ブラックホール [著]貴志謙介

[レビュアー] 週刊新潮

戦後ゼロ年とは敗戦直後の1年間を指す。東京租界、地下政府、隠匿物資、そして占領軍。民主改革の大義名分に隠れて、「世界最大の親米国家」への日本改造計画が進められていた。近年、米国で機密資料が公開され、深い闇に光が当たり始めた。本書はその第一歩だ。

新潮社 週刊新潮
2018年9月6日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加