K氏の大阪弁ブンガク論 [著]江弘毅

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

K氏の大阪弁ブンガク論

『K氏の大阪弁ブンガク論』

著者
江弘毅 [著]
出版社
ミシマ社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784909394101
発売日
2018/06/22
価格
1,836円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

K氏の大阪弁ブンガク論 [著]江弘毅

[レビュアー] 週刊新潮

谷崎潤一郎、町田康、和田竜らの小説では大阪弁が躍動する。何よりも「おもろいこと」が優先されるその話法は、独自の地平をひらいた。言語コミュニケーションのスタンスとしての大阪弁の実力が明らかに。「関西方言に標準語はない」などの金言も多数。

新潮社 週刊新潮
2018年9月6日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加