『吉行和子・冨士眞奈美 おんなふたり 奥の細道 迷い道』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉行和子 冨士眞奈美 おんなふたり 奥の細道 迷い道

『吉行和子 冨士眞奈美 おんなふたり 奥の細道 迷い道』

著者
吉行 和子 [著]/冨士 眞奈美 [著]
出版社
集英社インターナショナル
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784797673579
発売日
2018/08/24
価格
1,512円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『吉行和子・冨士眞奈美 おんなふたり 奥の細道 迷い道』

[レビュアー] 産経新聞社

 ともに女優で、若い頃からの友達、30年以上の句会歴があり、それぞれ「窓烏(まどからす)」(吉行)、「衾去(きんきょ)」(冨士)の俳号も…。合わせて163歳の2人が言いたい放題で俳句、人生を語り尽くす。

 松尾芭蕉の人と旅、その句に〈想像は読み手の特権よ〉と抱腹絶倒のやりとりも。

 〈魂よ気儘(きまま)に遊べ鳳仙花(ほうせんか) 窓烏〉

 〈Kといふ男許さず夏燃ゆる 衾去〉

 多数収録の自選句には「すったもんだ」で「よくここまで来たわね」という人生経験もにじむ。古今の俳人、俳句も紹介され、入門書にもなりそう。(吉行和子、冨士眞奈美著/集英社インターナショナル・1400円+税)

産経新聞
2018年9月16日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加