いつか息子たちにも読んでもらいたい。――「流転の海」と私 竹増貞信(株式会社ローソン代表取締役社長)

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野の春―流転の海 第九部―

『野の春―流転の海 第九部―』

著者
宮本輝 [著]
出版社
新潮社
ISBN
9784103325192
発売日
2018/10/31
価格
2,268円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

流転の海 愛蔵版 全9巻セット

『流転の海 愛蔵版 全9巻セット』

著者
宮本輝 [著]
出版社
新潮社
ISBN
9784103325208
発売日
2018/10/31
価格
54,000円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

いつか息子たちにも読んでもらいたい。

[レビュアー] 竹増貞信(株式会社ローソン代表取締役社長)

竹増貞信
竹増貞信

『流転の海』を読むたび、「宿命」というものの重さ、凄まじさ、それをコントロールする「理性」の儚さのことを、くり返し考えます。また熊吾の「自分の自尊心よりも大切なものを持って生きにゃあいけん」という言葉は、仕事に誇りとプライドを持ちながらも、それをいつでもかなぐり捨てる覚悟はあるか、と自らに問うものとなりました。『流転の海』には人生を切り開く上で大切なことが書かれています。いつか息子たちにも読んでもらいたい本です。

新潮社 波
2018年10月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加