『曲線折り紙デザイン』 三谷純著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

曲線折り紙デザイン

『曲線折り紙デザイン』

著者
三谷 純 [著]
出版社
日本評論社
ジャンル
自然科学/数学
ISBN
9784535788664
発売日
2018/07/24
価格
2,160円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『曲線折り紙デザイン』 三谷純著

[レビュアー] 塚谷裕一(植物学者・東京大教授)

 学内で折り紙の展示を見たことがある。中央に丸い穴を空けた円形の紙を、同心円状に繰り返し山・谷と折っていくとどうなるか。丸いまま蛇腹になるかと思いきや、なんと鞍(くら)形となるのである。

 曲線折りによって生まれる意外な形状。本書はその面白さを、シンプルな折り目から順を追って解説していく。本書冒頭の、一枚の紙の中央にゆるい曲線が折り目としてあるだけの状態から、思いもかけない形状が生まれるところで、読者はもう曲線折り紙の不思議さにとりつかれてしまうことだろう。

 手に取った瞬間は、本書の厚みはやや物足りなく思うかも知れない。しかし中身はなかなか密である。どういう折り目配置なら実際に折れるかは、コンピュータによる計算が必要なほど奥が深い。最後の最後まで数式を使わず、ちょっとした概念図とコラムだけで背景の理論を説明していくあたり、配慮も行き届いている。

 日本評論社、2000円

読売新聞
2018年10月28日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加