『太平洋 その深層で起こっていること』 蒲生俊敬著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太平洋 その深層で起こっていること

『太平洋 その深層で起こっていること』

著者
蒲生 俊敬 [著]
出版社
講談社
ジャンル
自然科学/自然科学総記
ISBN
9784065128701
発売日
2018/08/22
価格
1,080円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『太平洋 その深層で起こっていること』 蒲生俊敬著

[レビュアー] 塚谷裕一(植物学者・東京大教授)

 地球の面積の大半を占める海洋。中でも日本人に身近な太平洋は、海面下に巨大な山脈を持つ知られざる世界だ。

 プレートテクトニクス理論で説明される海底プレートの移動。それに伴って形成される火山島の列。極地から始まる深層水の、地球規模の流れ。人の目で直接観察することができない、一万メートルを超える海溝の奥底の姿。

 宇宙開発なみに科学的探査が難しいのが、海底の探査だ。その現在の知見を、大ベテランの研究者が、自由闊達(かったつ)な、若ささえ感じられる文章で紹介する。

 本書は守備範囲の広さも魅力的だ。地学的な話に留(とど)まらず、深海生物の特質にも触れるほか、天皇海山列に古代の天皇の名前がつけられたいきさつについても、文献や古典文学の情報を駆使して、独自の説を展開する。途中のコラムでは、架空の会話において、文理を分けて考えるのはもう古くさいと女子学生に言わせているが、これは著者自身の信念に違いない。

 海洋に関心のある人のみならず、火山、探査、そういったことに興味のある方にもお勧めしたい。(講談社ブルーバックス、1000円)

読売新聞
2018年11月25日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加