『ヒトラーのモデルはアメリカだった』 ジェイムズ・Q・ウィットマン著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒトラーのモデルはアメリカだった

『ヒトラーのモデルはアメリカだった』

著者
ジェイムズ・Q・ウィットマン [著]/西川美樹 [訳]
出版社
みすず書房
ジャンル
歴史・地理/外国歴史
ISBN
9784622087250
発売日
2018/09/04
価格
4,104円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『ヒトラーのモデルはアメリカだった』 ジェイムズ・Q・ウィットマン著

[レビュアー] 藤原辰史(農業史研究者)

影落とす米国の制度

 ナチスがヨーロッパ各地で振るった壮絶な暴力は、遠い国の遠い過去のことで、自分には関係ない、と思いがちだ。そもそも子どもたちの前で親を殺したり、子どもを拷問にかけたり、収容所に送ったり、ガスで殺したり、沼に投げ捨てたりというようなナチスの残虐はたしかに普段の暮らしからは想像しがたい領域にある。

 本書は、こうしたナチスの暴力の根拠となった人種主義のアイディアの最大の源泉がアメリカであると主張する。私たちがいまなお政治、経済、軍事的に強く依存し、その文化を存分に味わっている、好感度の高い国である。ヒトラーは「数百万人ものインディアンを銃で撃ち殺して数十万人まで減らした」としてアメリカへの賛美を惜しまなかった。ナチスは、人種法を制定するにあたって、アメリカの移民法や異人種間の結婚に重罰を与える法律、黒人の選挙権、移動の自由、職業の選択を制限する制度を学び、それを人種法構築に応用したのだった。

 ナチスの著述家たちはアメリカを「移民立法を通じてその血を蘇(よみがえ)らせようとしている」と褒めたり、「自身の至上性を維持」しそれを未来永劫(えいごう)確保するために「外国人種分子の流入を防ぐ」ことに共感を示したりする。アメリカの白人至上主義がなければ、ナチスはこれほどまでにエスカレートしなかったかもしれない、と思ってしまうほどだ。

 本書の分析のなかで重要なのは、こうした民主主義国家と独裁国家の法的な親和性だけではない。アメリカとナチスを支える社会心理的基盤の共通性を分析していることだ。階級意識の強いヨーロッパと異なり、「最下層の者でも才能さえあれば」上り詰めることができるアメリカン・ドリームは「白人の平等主義」と表裏一体だったが、実はヒトラーもまたアーリア人であれば貧困から救出することを約束した。民主主義とナチズムの相違点と類似点。現代史の核心を衝(つ)く論点である。西川美樹訳。

 ◇James Q. Whitman=米国のイェール・ロー・スクール教授。専門は比較法、刑法、法制史。

 みすず書房 3800円/

読売新聞
2018年12月9日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加