韓国で100万部超ベストセラー 日本でも“読まれるべき”一冊

レビュー

9
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

82年生まれ、キム・ジヨン

『82年生まれ、キム・ジヨン』

著者
チョ・ナムジュ [著]/斎藤真理子 [訳]
出版社
筑摩書房
ジャンル
文学/外国文学小説
ISBN
9784480832115
発売日
2018/12/06
価格
1,620円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

韓国で100万部超ベストセラー 日本でも“読まれるべき”一冊

[レビュアー] 佐久間文子(文芸ジャーナリスト)

 韓国で100万部を超すベストセラーになった本書は、日本でもいま、読まれるべき小説だと思う。

 タイトルが示す通り、主人公は1982年生まれのキム・ジヨンという女性。この年に生まれた韓国女性で一番多い名前だそうだ。彼女の痛みはどこにでもあるようなもので、だからこそ共有され、読む側の痛みも気づかせる。

 一風、変わった小説でもある。まず語り口。「キム・ジヨン氏」の人生について、どこかひとごとのような距離感で語っているのは精神科医である。キム・ジヨン氏は、ある日突然、自分の母親や、亡くなった友人が憑依したかのふるまいを見せるようになり、精神科を受診する。彼女はどんな家族のもとに生まれ、どんな少女時代を送ったか。半生が淡々と読者に伝えられる。

 統計やデータが、政府の白書や新聞記事などからちょくちょく引用されるのも特徴だ。男女の出生率がいびつであること。既婚女性の離職率が高いこと。キム・ジヨン氏が暮らしている社会の実態と矛盾が、これでもかと記録される。

 大学を出て広告会社に入ったキム氏はクライアントのセクハラにも耐えて仕事を続けるが、結婚して子供を産むため退社を余儀なくされる。変調のきっかけは育児中にかけられた他人の心ない言葉だが、その前からずっと、小さな屈託の澱(おり)が彼女の中に積もりたまっていたのだ。

「自分はもっと大変だった」という人もたぶんいるだろう。男女差別で言うなら、キム・ジヨン氏の母オ・ミスク氏の生きた時代のほうがひどかったし、オ・ミスク氏は、二人の娘に男の子と変わらぬ教育を受けさせている。

 男性にだけ徴兵制のある韓国では、「女は恵まれている」という逆差別の視線にもさらされる。その重なりこそが、キム・ジヨン氏の感じる苦しさなのだ。共感しながらでも反発しながらでも、とにかく一度、手に取ってみてほしい。

新潮社 週刊新潮
2019年1月31日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加