社会学はどこから来てどこへ行くのか [著]岸政彦、北田暁大、筒井淳也、稲葉振一郎

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会学はどこから来てどこへ行くのか

『社会学はどこから来てどこへ行くのか』

著者
岸 政彦 [著]/北田 暁大 [著]/筒井 淳也 [著]/稲葉 振一郎 [著]
出版社
有斐閣
ジャンル
社会科学/社会
ISBN
9784641174412
発売日
2018/11/14
価格
2,420円(税込)

書籍情報:openBD

社会学はどこから来てどこへ行くのか [著]岸政彦、北田暁大、筒井淳也、稲葉振一郎

[レビュアー] 週刊新潮

気鋭の学者4人が、自分の立脚点と互いの研究のありかたをめぐって率直に語り合った。対談あり、鼎談ありの全8章。そもそも社会学とは何か、どのような手法で何を記録・解明すべきなのか。日々直面する難しさを正面から扱う、白熱スタイルの討論だ。

新潮社 週刊新潮
2019年1月31日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加