鬼子の歌 偏愛音楽的日本近現代史 [著]片山杜秀

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鬼子の歌 偏愛音楽的日本近現代史

『鬼子の歌 偏愛音楽的日本近現代史』

著者
片山 杜秀 [著]
出版社
講談社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784065143216
発売日
2019/01/23
価格
3,456円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

鬼子の歌 偏愛音楽的日本近現代史 [著]片山杜秀

[レビュアー] 週刊新潮

近現代日本のクラシック音楽作曲家たちの仕事は、西洋流の文学や美術と違い、「鬼子」扱いだったと著者は言う。山田耕筰のオペラ「黒船」、伊福部昭の「ゴジラ」、黛敏郎のオペラ「金閣寺」など、彼らの軌跡と作品にスポットを当て、再評価していく試みだ。

新潮社 週刊新潮
2019年3月14日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加