『福岡かるた風土記』  岡部定一郎 著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡かるた風土記

『福岡かるた風土記』

著者
岡部定一郎 [著]
出版社
西日本新聞社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784816709630
発売日
2019/01/22
価格
1,100円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『福岡かるた風土記』  岡部定一郎 著

[レビュアー] 西日本新聞社

 「大化の改新」で有名な天智天皇も、「歌の神様」と言われる柿本人麻呂も、福岡で和歌を詠んだ。小倉百人一首に登場する歌を紹介しながら、歌人たちと福岡、九州の関係をさまざまなエピソードでつづった本紙連載をまとめた。佐賀出身とされ平安朝を代表する女性歌人の和泉式部は、その美しさと恋愛遍歴でも有名。「あらざらむ」で始まる一首は、晩年に「この世の思い出にもう一度あなたに会いたい」という情熱的な愛の歌だ。著者は全日本かるた協会八段。出版部=092(711)5523。

西日本新聞
2019年3月2日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

西日本新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加