情熱でたどるスペイン史 池上俊一著

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

情熱でたどるスペイン史

『情熱でたどるスペイン史』

著者
池上 俊一 [著]
出版社
岩波書店
ジャンル
歴史・地理/外国歴史
ISBN
9784005008902
発売日
2019/01/23
価格
1,036円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

情熱でたどるスペイン史 池上俊一著

[レビュアー] 山内志朗(倫理学者・慶応大教授)

 池上俊一氏のヨーロッパの歴史を紹介するシリーズの第五弾。スペインは、フラメンコ、闘牛、フィエスタ(祭り)の国、「オレ!」のかけ声が勇ましく響く国だ。普段は悠長で質素な生活をしている人が、激しいリズムで熱狂的に突如舞い踊るパフォーマンス、その落差は何を意味するのか。

 気候はそこに住む人間の文化を大きく左右する。スペインの中央部は不毛なる乾燥高原(メセタ)が大部分を占める。夢と情熱に向かう心性は乾燥した土地から現れる雰囲気と関連している。

 本書を読むとスペインの複雑な背景が分かる。スペインは異文化との衝突と融合を繰り返してきた。古代ローマ、ゲルマン民族の支配の後には、イスラームの支配、その排除と国家としての統一、大航海時代という黄金時代、帝国の崩壊と停滞という激動の歴史があった。

 したがってスペインを情熱の国としてのみ見るのは一面的だ。反対の側面もある。ウナムーノという二〇世紀の哲学者は自国の無気力を深く嘆いていた。情熱と無気力の両立は重要なことだ。

 それを読み取る鍵となるのは、情熱(パッション)が、受難、つまりキリストの十字架刑と同じ言葉であることだ。興奮と熱狂が同時に苦しみと殉教を併せ持っていること、そこに激しい緊張が現れる。

 神への崇高なまでの陶酔と、身近な日常生活の雑事とを統合しようとする姿が中世の聖人には見られた。ドン・キホーテもその末流としてある。激しい落差と同時に現れる悲喜劇に、歴史の重みを感じるべきだ。

 異文化との衝突と融和のなかで絢爛(けんらん)たる文化を創ってきた。だが、衝突が創造だけを生み出してきたわけではない。ユダヤ人やモーロ人(イスラム教徒)を排斥しようという純血主義が渦巻く時代もあった。排外主義は大きな疲弊を生みだしもした。

 スペインは深い国だ。池上さんの本はそれを伝えてくれる。

 ◇いけがみ・しゅんいち=1956年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。専門は西洋中世・ルネサンス史。

読売新聞
2019年3月3日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加