「かっぱのねね子」…こうの史代著 朝日新聞出版

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かっぱのねね子

『かっぱのねね子』

著者
こうの史代 [著]
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784022142627
発売日
2018/12/13
価格
972円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

「かっぱのねね子」…こうの史代著 朝日新聞出版

[レビュアー] 宮部みゆき(作家)

 かっぱのねね子はすぐに「いやだよう」と暴れてしまう悪い子。頭に「いいこと」をたくさんしないと取れない「よいこ草」がくっついてしまって困っているときに、人間の少女のいずみちゃんと友達になる。いずみちゃんにもワガママを言いながら、人間の世界でいろいろな経験をしてゆくねね子。二人の愉快な日々を描くこうの史代さんの筆致は優しく、あたたかい。

 本書は単行本未収録の短編とイラストで構成されており、ファンにとっては、数々の代表作の源流を見つけたり、アシスタント時代のこうのさんの実体験(?)らしき笑えるエピソードを知ったりと、宝箱みたいな本である。本書からこうの史代ワールドに入るという羨ましい読者の方には、この世が善意ばかりでできているわけではないことを知っている大人の作家が、それでもこの世の善きものを掬(すく)いとって描くと、こんな愛らしい少女たちになるんですよとご紹介したい。

読売新聞
2019年2月24日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加