『使うあてのない名刺』桃井恒和著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

使うあてのない名刺

『使うあてのない名刺』

著者
桃井恒和 [著]
出版社
中央公論新社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784120051708
発売日
2019/02/21
価格
1,728円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『使うあてのない名刺』桃井恒和著

[レビュアー] 読売新聞

 年賀状が生む人間模様を記した「年に一度の定期便」、親の日記を没後何十年もたってから読む「遺(のこ)された日記」など、巨人軍会長を務めた著者がリタイア後に綴(つづ)ったエッセー集。しんみりするものから思わず笑ってしまうものまで味わいは様々だが、どれも読む側の肩の力を抜いてくれる。(中央公論新社、1600円)

読売新聞
2019年3月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加