『日本の「世界化」と世界の「中国化」』…小倉和夫著

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の「世界化」と世界の「中国化」

『日本の「世界化」と世界の「中国化」』

著者
小倉 和夫 [著]
出版社
藤原書店
ジャンル
社会科学/社会科学総記
ISBN
9784865782059
発売日
2018/12/21
価格
2,916円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『日本の「世界化」と世界の「中国化」』…小倉和夫著

[レビュアー] 読売新聞

 元外交官の著者は、日本がこれまで中国をどう見てきたかを概観する。そして、西洋文明との向き合い方において、日中の間には根本的な違いがあったと説く。中国は数百年かけて西洋を中国化しようとする考えだったとする指摘は、現在の情勢を考えると示唆に富む。(藤原書店、2700円)

読売新聞
2019年3月10日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加