第一印象の科学…アレクサンダー・トドロフ著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一印象の科学

『第一印象の科学』

著者
アレクサンダー・トドロフ [著]/中里京子 [訳]/作田由衣子 [監修]
出版社
みすず書房
ジャンル
哲学・宗教・心理学/心理(学)
ISBN
9784622087625
発売日
2019/01/17
価格
4,104円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

第一印象の科学…アレクサンダー・トドロフ著

[レビュアー] 三中信宏(進化生物学者)

 「第一印象ですべて決まる」と言われれば誰しも心穏やかではいられない。視覚的動物として進化してきたわれわれ人間は相手の顔を“読む”ための高度なすべを進化させてきた。その精密な顔認知能力が「第一印象」を生み出す。

 著者の研究グループは、最先端の画像解析技法(モーフィング)を用いて、人間の顔の形状をコンピューター上で変形あるいは合成したり、明度を変更したりする実験操作を行い、人為的に生成された顔がどのような心理的効果を生み出すのかをデータ駆動型数学モデルを立てて詳細に検証する。相手の顔の第一印象は実にミリ秒単位で認知され、その印象は相手の信頼度と支配度の二つの軸での心理的評価がなされるという。

 顔研究といえばかつては怪しげな観相学や人相学のような疑似科学の独壇場だった。本書をひもとけば、ヒトの脳内にある顔認知モジュールという未知のブラックボックスの蓋が着実に開けられつつあることがわかる。裏を返せば、第一印象を意図的に操る可能性を拓(ひら)くこともできそうだ。どきどきしながらもわくわくしてしまう本だ。中里京子訳。(みすず書房、3800円)

読売新聞
2019年3月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加