南スーダンに平和をつくる…紀谷昌彦著 ちくま新書

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

南スーダンに平和をつくる

『南スーダンに平和をつくる』

著者
紀谷 昌彦 [著]
出版社
筑摩書房
ジャンル
社会科学/政治-含む国防軍事
ISBN
9784480071972
発売日
2019/01/07
価格
864円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

南スーダンに平和をつくる…紀谷昌彦著 ちくま新書

[レビュアー] 篠田英朗(東京外国語大学教授)

 南スーダンから自衛隊が撤収して、二年近くの歳月がたつ。「日報」、「衝突」、「駆けつけ警護」と、徹底した日本からの目線で、自衛隊の派遣中は、南スーダンが話題になった。しかし自衛隊が撤収した後は、南スーダンという国が日本で話題になる機会もない。

 こうした状況に違和感を覚える方には、ぜひ本書を手に取ってほしい。当時の駐南スーダン大使であった著者が、南スーダンで何が起こっていたのか、日本は南スーダンで何をしたのかを、詳細に説明している。貴重な記録だ。

 国連平和維持活動(PKO)とともに大規模な人道援助や開発援助が行われている状況で、日本に何ができるか。客観的に知ることもできる。

 南スーダンのような国では、激しく情勢が変化する。大使は、邦人の安全も含めた、多種多様なことに配慮しなければならない。著者が、悩みながら仕事を進めた様子も伝わってくる。

 それにしても大使とは、これほど熱い情熱をもって遂行する職務だったのか。外交や国際協力に関心を持つ読者が、本書から得る刺激も大きいだろう。

読売新聞
2019年3月24日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加