『江戸の不動産』安藤優一郎著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸の不動産

『江戸の不動産』

著者
安藤 優一郎 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784166612109
発売日
2019/03/20
価格
885円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『江戸の不動産』安藤優一郎著

[レビュアー] 読売新聞

 封建社会というと土地は固定され、そこに人も縛られているイメージが強い。しかし実際は「等価交換」方式を駆使した大名・旗本だけでなく、下級武士も町民も農民も、活発に土地を取引したり、賃貸経営にいそしんだりしていた。江戸の繁栄の一端は土地取引が支えていたという新しい視点の本。(文春新書、820円)

読売新聞
2019年3月31日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加