海洋戦略論…後瀉桂太郎著

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海洋戦略論

『海洋戦略論』

著者
後瀉桂太郎 [著]
出版社
勁草書房
ISBN
9784326302758
発売日
2019/02/15
価格
4,400円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

海洋戦略論…後瀉桂太郎著

[レビュアー] 篠田英朗(国際政治学者・東京外国語大教授)

 日本は島国である。海とともに生きることが、日本の運命だ。したがって各国の海洋戦略を熟知し、適切な海洋戦略を構築することが、日本にとって死活的な意味を持つ。ところが、この自明なことが軽視されてきたのが、戦後日本の実情だ。

 本書は、この深刻な海洋戦略研究の欠落を埋める貴重な書である。本書を手がかりにして、さらなる議論が発展していくことが期待される。

 著者は、抑制された筆致で、淡々と、詳細に、海洋戦略をめぐる理論を語っていく。さらに主要国の海洋戦略の特徴を、国際政治の歴史的背景をふまえて、ダイナミックに描き出す。結果として、本書は、海洋戦略をめぐる理論的枠組みと、各国の政策動向を、同時に教えてくれる贅沢(ぜいたく)な書物となっている。

 著者は大学教員ではない。海難審判の被告になったこともある自衛官だ。だがそれだけに、海をめぐる戦略論という問題に静かに深く沈潜していく著者の語り口に、多くの読者が引きこまれていくことだろう。

 本書の分析は、「領域拒否」、「制海」、「戦力投射」という三つの戦略枠組みを使った視点で形作られる。そして、覇権国・米国という独立変数と、米国との関係で海洋戦略を決定する日本、中国、英国、ロシア、インドの五か国の従属変数が、分析対象とされる。そこで著者は、日本、中国、インドについては、冷戦前と後では異なる海洋戦略を追求していると見抜き、六か国で九つの事例とする。鮮やかで、説得力がある見方だ。

 さらに著者は、九つの事例の検討を通じて、海洋戦略のパターンを四つに分類して整理していく。その手法は、本当に素晴らしい。

 戦略分析は、ややもすると専門用語の羅列に終わってしまう。しかし本書は、主要国の政策の性質を、鳥瞰(ちょうかん)的な視点で分類し、大局的な整理へとつなげている。圧巻だ。

 日本は「インド太平洋戦略」の推進を掲げている。その観点からも、本書の重要性は計り知れない。

 ◇うしろがた・けいたろう=2等海佐。護衛艦あたごの航海長などを経て、海上幕僚監部勤務(内閣府出向)。

読売新聞
2019年4月14日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加